30代 美容液ファンデーション ランキング

30代からは美容液ファンデーションで美肌維持!

30代になったら美肌維持のために保湿効果のある美容液ファンデーションを使うようにしましょう。高価な化粧水、美容液、オールインワンを使用するよりも、効率よく小じわ、たるみ、肌のくすみ、毛穴の開きなどを保湿ケアし、しかも今ある肌トラブルはしっかりと隠してくれます。

 

30代美容液ファンデーションランキング

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールの特徴
美容液にカラーを足して出来上がった売り上げNO,1の美容液ファンデーション「薬用クリアエステヴェール」は、5種類のコラーゲン、3種類のヒアルロン酸、美白効果のあるプラセンタエキスを配合しています。

乾燥による小じわ、毛穴の開きを予防改善し、表皮の凸凹、シミもしっかりとカバーします。全額返金保証、色交換無料。

価格 1,980
評価 評価5
備考 送料無料
リペア リキッドファンデーション トライアルセットの特徴
価格 1,980
評価 評価4.5
備考
シルキー モイスト ファンデーションの特徴
美容成分81%の
価格 4,500
評価 評価4
備考

 

 

30代にぴったりの美容液ファンデーション

 

30代になると肌の質が変わります。疲れが直ぐに肌に出たり、目のまわりがくすんだり、乾燥が酷くなったり。若い頃とは違い、化粧ノリも悪くなりがちです。そんな時にお勧めなのが、美容液ファンデーションです。初めて耳にする方のために、これから美容液ファンデーションについて紹介していきます。

 

美容液ファンデーションとは

 

美容液が配合されているファンデーションのことで、使用すると肌の水分量を上げてくれ肌がしっとりするため乾燥肌の方に愛用者の多いファンデです。

 

そもそもファンデーション自体、肌への負担となります。それを少しでも軽減してくれるのが美容液ファンデーションなのです。メイクをしながらスキンケアもできるという優秀なファンデーションです。

 

メイクの崩れは乾燥から起こりやすくなります。その乾燥をケアすることで、化粧くずれをなくします。美容液ファンデーションは肌をしっかり保湿してくれるので、悩んでいた乾燥肌にもしっかり効果を表してくれます。

 

美容液ファンデーションの種類

 

美容液ファンデーションの種類は3つあり、リキッドタイプ、パウダータイプ、クッションタイプが代表的です。通常のリキッドタイプは乾燥肌の方にお勧めされていますが、ここに更に美容液をプラスしたのが美容液ファンデーションです。

 

つまり、酷い乾燥肌の方にも潤いを保ってくれる、強い味方です。パウダータイプは、リキッドを使い慣れていない方や、ベタつきが気になる方にお勧めです。馴染みがよくサラサラな仕上がりなので、とても使いやすいです。

 

美容液がたっぷり含まれているので、しっかり潤いのある肌をキープしてくれます。クッションタイプは、スポンジにもともとファンデーションが含まれています。化粧下地も必要なく、忙しい朝には大変便利です。

 

美容液ファンデーションは、クッションタイプに美容液もたっぷり含ませています。ですから化粧下地をしない化粧くずれが不安、という方でも安心して使用することができます。

 

美容液効果でシミ、くすみをカバー

 

美容液はとても優秀な機能を持っています。美白効果、肌の老化を防止、シミやくすみを増やさないなど様々なメリットがあります。特にシミやくすみに関してはしっかりカバーしてくれ、結果的にそのことが肌の老化を防ぐことに繋がります。

 

肌の乾燥や乾燥からくる小じわなどに効果を発揮し、肌へのストレスを軽減してくれます。通常のファンデーションでは補えなかったことが、美容液ファンデーションでは満たすことができます。

 

肌に潤いをもたらすだけではなく、その持続性に長けていたり、肌にツヤ感を出してくれるので、女性の強い味方です。お肌に悩みを持っている方は、一度美容液ファンデーションを試してみてください。毎日を生き生きと過ごせるきっかけとなれば嬉しいです。

 

⇒ 30代美容液ファンデーションランキングはこちら

 

自分に合ったファンデーションの選び方のポイント

 

化粧水や乳液など、オールインワンなどが出て迷う一方、メイクの基礎となるファンデーションも各メーカー、多種多様でリキッド、クリーム、パウダー、スプレーなどのタイプがあり、美白効果や日焼け止め効果、保湿効果、ニキビケア、小じわ・毛穴対策用などありますよね。

 

肌質に合わせてファンデを選ぶ

 

顔が全体的にべとっとしていてテカテカしてしまうオイリー肌、顔が突っ張ったり、カサカサしている乾燥肌、顔の目元や口元など部分的にカサついて、おでこ、鼻、頬などTゾーンががべたつく混合肌と大きく分けて3つの肌質があります。

 

  • オイリー肌 パウダータイプ、さっぱりリキッドタイプ
  • 乾燥肌 クリームタイプ、美容液ファンデ(保湿リキッド)
  • 混合肌 パウダータイプ、リキッドタイプ、部分ファンデーション

 

細かいことを考えずに大まかに分けると肌質で会っているファンデは上記のようになります。

 

年齢別でおすすめファンデーションも変わる

 

10代、20代は、ニキビや敏感肌などで悩んでいたり、流行りのメイクなどで使うファンデーションは個人で違いますが、選べるファンデのタイプは大きく分かれます。

 

敏感肌やアレルギー肌、ニキビ肌の方は薬用ファンデーション、無添加で化学物質をつかっていない天然素材のファンデーションなどがおすすめです。肌の炎症を抑える意味では大人ニキビが気になる30代でも人気のファンデです。

 

30代になると様々な肌の悩みが出てきて小じわ、シミのカバー、大人ニキビなどがあります。学生時代の日焼けでシミが出てきたり、目元にクマや、口元にしわなど一気に現れてくるのです。

 

30歳を過ぎると小じわ、目元、口元のしわ、部分乾燥、乾燥によって加速して増えてくるシミなど、肌の乾燥が原因になっている肌トラブルが増えてきます。ただ隠すだけの厚化粧では隠せない状態になります。

 

30代以降のお肌は乾燥が強くなるのでとにかく保湿効果のあるファンデーションが必要で、保湿成分が配合されている美容液ファンデーションがピッタリなんです。

 

ファンデーションを買うとき重視する点

 

肌の水分量が多いとターンオーバーが正常に行われるのでシミもできにくくなるのですが、日焼け止め効果、UVカット機能のあるファンデを選びましょう。紫外線は年中降り注ぎ、メラニンを増やしたり肌組織を壊しシワを作る原因にもなります。曇りの日雨の日でも紫外線対策を忘れないようにしましょう。

 

ただ、強力な日焼け止めクリームなどは海や山のレジャー以外、日常では使用しない方がいいかもしれません。日焼け止め効果が高いものは肌にも悪影響を与える紫外線吸収剤などが含まれている場合があるためです。

 

⇒ 30代美容液ファンデーションランキングはこちら

 

30代のスキンケアで気を付けたいこと

 

30代のスキンケアがその後のお肌年齢を決めるといっても過言ではありません。間違ったケアをして大人の美肌の落とし穴にはまらないようにしましょう。

 

スキンケアというと顔を洗ったり化粧水を塗ったりするお手入れを考えがちですが、20代のみずみずしいお肌の時はそれだけで輝いたでしょう。しかし、30代からは肌表面だけの浅い層のお手入れではいけないのです。エイジングをふせぐにはその奥にある皮下組織や筋肉にいたるまでの深い部分のケアが不可欠なのです。

 

まずはクレンジングや保湿などを丁寧におこなうことは当たり前で、ざらつきやゴワつきといった表面のトラブルを解消しましょう。お手入れをするときはマッサージするようにやさしく深いタッチでお肌にさわるようにすることです。意識してやればしわやたるみといった深い部分の悩みにも対応できるのです。

 

正しいお手入れを毎日コツコツと続けていれば、それが習慣となり血流が高まってお肌の基礎代謝もアップしてきます。にきびやむくみといった急にくるトラブルにも十分対応できるお肌になります。

 

表面の層のお悩みには丁寧なクレンジングと水分たっぷりの補給をします。それはたいていのトラブルが落ち切れてない汚れと潤い不足からくるからです。化粧水をたっぷりとバシャバシャ使いましょう。

 

さらに深い部分のお悩みは持ち上げマッサージを実行しましょう。お肌を土台から立て直すのです。毎日のスキンケアのときにお肌の下の筋肉を刺激していきましょう。30代のお肌に必要な美容成分を配合している保湿力の強い基礎化粧品を使うことをおすすめします。

page top